東野幸治、電力ひっ迫でエネルギー政策を批判

コメポ

東野幸治、電力ひっ迫でエネルギー政策を批判しないのは不思議

 東野幸治が3日『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。連日報じられている政府の節電要請について苦言を呈した。





 スタジオでは、連日の猛暑日と先月22日に政府が発令した電力供給ひっ迫注意報が話題に。出演者が節電対策について議論する中、ピアニストの清塚信也が「コロナの時もだが、日本人は決まりとか勧告とか頼まれたことを守る。(しかし)正しい国とか大きな組織からお願いされて、(素直に従うという)形式が正しいのかどうかという怖さがありますよね」と問題提起。それに対し東野は「絶対間違ってますよ」と一刀両断。



 さらに東野は「国民みんなが怒っていないことがすごく不思議で」と切り出し「お前ら政府が甘くみてたんやろって。お前らのエネルギー政策なんやねんってもっとブチギレてもいいけど、みんなクーラーの温度をちゃんとあげたりとかめちゃめちゃええ人やなと思って」と意見。ロンドンブーツ1号2号の田村淳も「ちゃんと電力を使いたいと訴えたほうがいい」と深く頷き、同意の姿勢を見せた。



 そこからさらに節電要請について議論が深まると、淳は「僕は(節電要請について)あんまり協力する気がなくて。そもそも政府がやることやってたら本当ギリギリになった時はお願いを聞くんですけど、やることやってなくて電力がひっ迫するのなんて予想がついたことなのに、6月から暑くなるというのは見込めてなかったとはいえ、7月8月には同じようなことになるのが分かっていた。だから今は動いていない火力発電所を動かしたり、安全基準をクリアした原発を再稼働するのも含めてなんで議論してこなかったのかなって」と私見を述べた。

RBB TODAY

電力も便利だけどもろいとこもあるからいろんなエネルギーが必要。
民主党政権時に(東日本震災という追い風があったとはいえ)原発反対&再生可能エネルギー化政策と称して火力・原子力発電を目の敵にして潰してきた結果が今の電力状況なのに。
もっと言えば、原発の安全管理強化を難癖つけて妨害してきたのも立憲民主党(の前身である民主党等非自民党系)であり、与党として政権運営したにもかかわらず、責任逃れの自己保身発言しかしていない。
国のエネルギー政策にとやかく言うな。
お前は使用した電気料金をちゃんと払えばいいだけのこと。
余計な心配は無用。電気や水は売るほどある。
軍事力だけでなく、電力もそうだし、石油や天然ガスもそうだし、食糧自給もそうだけれど、そういったものすべてが「国防」なのだ。電力需給ひっ迫問題も、そういう観点から参院選の争点として取り上げられるべきだと思う。
政府を責める気持ちもわかるが、じゃあ正解は?確かに今原発再稼働が求められてはいるが…そもそも停止した理由は何でしたっけ?って話。芸能人のコメンテーターは無責任なんじゃないかな?
そもそも震災から日本の電力はギリギリの電力でやってきて、今はそのツケが回ってきたってことだよ。本来は余裕を見て何かあった時に対処できるようにしなければならない。それなのに原発反対する連中が「ギリギリ間に合ってるから必要ない」と言って原発再稼働や火力発電建設に反対したからこうなったわけ。更には不安定この上ない太陽光発電を異常に増やしますます日本の電力を不安定にした結果がこのザマ。そしてそれをあたかも正義なようにテレビで垂れ流したのはメディアでしょ。今更政府のせいは虫が良すぎだろ。
国の方針は原発が再稼働するまで古い火力発電所を再起動させて、国民の協力の下でギリギリ乗り切る。そして10年間これで乗り切れた。今年は想定外の梅雨の短さと早すぎる猛暑日にもともと準備していた火力発電の再稼働が数日間に合わなかっただけ。怒る相手は頑張りすぎてる太平洋高気圧だね。
電力消費しまくるテレビで言われてもな。
個人の見解を話すのは勝手だが、それにより、いかに世間常識とズレているか、自分の恥をさらして有頂天になる気持ち悪い人間と顰蹙をかって、蔑みの眼で見られることを承知で発言しているのだろう。山本太郎や辻元と同じ部類の懲りない奴らだ。世間を甘くみるな。
やることはやらない、要求はする。流石上流芸能界の方々。でも、安心してください。節電のために俺がまず先にすることはテレビを消すことですから。ちなみにこの番組やってるときは俺は農作業で炎天下の下にいます。平日も炎天下の下にいます。28度の設定でも、俺にはびっくりするくらいひんやりですよ。しかし、これで政界に興味あるなんて信じられない。火力?燃料は?料金は?行き着くところ、節電しか無いじゃんか。

page top