田中圭“グラドルとゲス行為の過去!

コメポ

田中圭“グラドルとゲス行為

(C)まいじつ 

7月16日から放送スタートし、視聴率・見逃し配信ともに好調な出だしの石原さとみ主演ドラマ『アンサング・シンデレラ』(フジテレビ系)。しかし、メインキャストの1人・田中圭の〝クズっぷり〟が、好調も打ち消すように空気を乱しているようだ。

【関連】石原さとみ『アンサング・シンデレラ』やり過ぎ“越権行為”に呆れ声… ほか

7月末、一部メディアにて、同ドラマ撮影現場の裏側が報じられた。病院をテーマにした作品とあってか、現場は新型コロナウイルスの感染者を出さないよう神経を尖らせており、主演の石原は特に気を引き締めているとのこと。しかし、撮影が始まったばかりの4月初旬、田中はひどい二日酔いのまま現場入りし、顔は目が開けられないほどムクんでいたという。

すると、意識の低さに呆れたのか、石原は「集中してくださいよ」と田中に注意。冗談めかしてはいたが目つきは険しく、本気で怒っているような声が響き渡り、現場は一瞬にして凍り付いたそうだ。

田中といえば、『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の大ヒットでブレークし、女性からの好感度も高い人気俳優。今回のエピソードは〝らしくない〟ように感じるが、実はこちらこそが田中の本性だともっぱらだ。

役柄は好青年も実際はかなりの“クズ”キャラ…

「見た目や役柄のイメージから〝草食系〟〝好青年〟といわれる田中ですが、これは本当にただのイメージ。実際は手越祐也や押尾学元被告も真っ青の〝歩く生殖器〟で、過去に何度も女性問題が報じられています。一例を挙げると2015年、既に妻子持ちだったにもかかわらず、西崎莉麻、時田愛梨の巨乳グラドル2人と朝まで乱痴気騒ぎを起こしていたことが写真週刊誌で発覚。この騒動が影響してか、2人は後に当時所属していた事務所を退所し、時田は18年3月まで無所属、西崎に至っては今も引退状態に追い込まれている胸クソ悪い始末です。タレントをキズモノにして退所にまで追い込んだのですから、責任を取れと言いたいくらいですよ」(芸能ジャーナリスト)

また、妻との〝授かり婚〟も、なかなかの〝クズっぷり〟で知られている。同エピソードは18年11月放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)で語られたのだが、田中は「まだまだ仕事もしていきたいし、人気も欲しいし、もっとモテたいし、もっと遊びたいし。やりたいことがとにかくいっぱいあり過ぎて選べない」と、妊娠を聞いた当時の心境を回顧。暗に中絶や隠し子も選択肢にあったことを明かし、ネット上でも物議を醸していたのだ。

「100歩譲って、結婚後は家庭を守るようになったのならいいでしょう。しかし田中はそれすらなく、上記のグラドル以外にも、18年には美尻タレント・内田理央との不倫疑惑が報じられました。また、同スキャンダルでは、内田との密会前、都内雑居ビルの一室で〝賭け麻雀〟に興じていたという賭博疑惑も。ハッキリ言って〝裏の顔〟はヒドいとしか言いようがなく、石原の叱責にも全面的に同意できますね」(同・ジャーナリスト)

役はあくまで役であり、演者本人の人間性とは全くの別人格。あまりイメージに惑わされるのも考えものだ。



まいじつ

田中圭さんは、キャリアのある俳優さんで、不憫な役が多く、殆どヒロインに振られてた。そろそろ不憫な役もみてみたい。それよりも大御所たちのGUESS行為を検証したら?
ヒトは見かけによらないもので姫路の元組長さんとにらめっこして勝ちそうな私もネコに「ごはんでちゅよ」と言ったりフィギュアオタクだったり隠れゲイのメンタル乙女だったりする。
西崎りまって往年の日ハムのエースの娘?
この人、別に好感度で売ってる人ではないんじゃない?
顔が小さくて、スタイルはすごくいいけど、
顔そのものは、向井理をだらしなく崩して、オードリーの、最近よく司会をやってる方に寄せた感じ。
そこまでの実力と、容姿はないけど、少し前の萩原聖人とか、窪塚洋介みたいなくくりなんじゃない?
それより、「昔、さくらってタレントいたよな、最近出ないよな」
と思ったら、この人の奥さんになってたんだね。
芸能人のプライベートに興味はない、犯罪を犯していなければ良い。
顔がぶよぶよしてて好きではない俳優さん

どうして人気があるのか?判らない
でき婚の人は、だいたいそんな気持ちのまま結婚するんじゃないの?今、上手くいってるんなら、それでいいのよ。余計なお世話。
出始めから苦手!
女好きそうな感じしてた!
何も田中圭を取り上げないでも、大御所にも沢山ある。俳優から歌手、国会議員幾らでもあった。何で今頃田中圭何だ?ジャニタレなんて掘りゃ幾らでも出て来るだろう?政治家や大物芸能人も書いてみろ!出来ないなら二度と書くな!
何かなぁですね。今晩はおっさんずラブの映画を放送する日。それに合わせて足を引っ張るような話しを流すのは、ややえげつないような気がします。

page top