広がる値下げ 食品など、節約志向に対応

コメポ

 スーパーやコンビニエンスストアで加工食品や日用品を値下げする動きが広がっている。日本経済の将来に対する不安や可処分所得の伸び悩みで、消費者の節約志向が根強いためだ。人件費や物流費が高止まりするなど経営環境は厳しいが、各社はコスト削減などで値下げ原資をひねり出している。

 ダイエーは13日から約3カ月間、冷凍食品や調味料など約1300品目を平均1~2割程度値下げする。同社は3カ月ごとに値下げ対象の品目を見直しているが、今回は過去最大規模。「値下げした商品は2~3割販売が伸びる」(広報)と手応えを感じての対応だ。

 8月には、西友が食品や日用品など(全466品目)を平均で約6~10%、イオンがプライベートブランド(PB)114品目を平均で1割程度値下げした。イオンの担当者は「生産や物流を効率化し実現した。今後も継続的にお求めやすい価格に見直していく」と説明する。

 定価販売のイメージの強いコンビニにも「値ごろ感」が求められている。セブン―イレブン・ジャパンなど大手3社は4月以降、洗剤など日用品の値下げを相次いで実施。ローソンの竹増貞信社長は「急ぎのときだけではなく、日常的に利用してもらう店になるには、従来の価格では通用しない」と話す。

 7月のスーパーとコンビニの既存店売上高は、猛暑の後押しがあったにもかかわらず、ともに前年同月並みにとどまった。日本チェーンストア協会の井上淳専務理事は「消費者のデフレマインドは払拭(ふっしょく)できていない」と話している。 

時事通信社

値下げする余裕があるなら下請けに利益還元してやりゃいいのに。値下げ分買い叩いてたんじゃ日本経済には悪影響しかない。
値段さげても量が減らされてたり、違う工夫がされてますから。

自分の好きなお菓子の量が、明らかに減ったと感じる時が多々あるもの(笑)


私の好きなチェーン店のケーキも年々、小さくなってる。
最近は、豚肉もカナダ産で国内の豚肉は値引き品です。
値下げする分量とか減らしたりとかしてるんでしょ!そんなので安くなったとかお得になったとかは言わないです!それより消費税を下げて欲しい!8%の消費税は辛くてたまりません!
消費税を下げなさいよ。
一般会計での国庫は大赤字でも、特別会計にはたっぷり溜め込んでるでしょうに。

もし本当に税金足りないとしたら、国家公務員と議員の歳費を毎年上げてるのはおかしいでしょう?
その説明がないうちは、お金があろうがなかろうが財布の紐は締めるのみ。
余分な物は一切買わない。
今の政府に納税するぐらいなら、施設に寄付するわ。
食品の分量を減らしてあるんで安いという実感はありません。

事実上は高いのでどん引きして買おうか迷うこと屡なのです。

食生活は不満と不安が入り交じって八つ当たりしたくなるのよね。経済界と政府に(>。<)
なんか何があっても安倍批判してる人って多いんだな。全てに対して安倍に責任をとらせるなら配給制にするしかない。資本主義での政治は経済に材料を与えることくらいしか出来ないよ。是非安倍を批判する野党の見解もほしい。その流れをつくったのは野党だしね。どうすればいいのかを示して責任をとるべき。
賃金を上げてから値上げをするようなカラクリをせずに逆疾走。先ずはその状況を食い止めてよ。
10年20年前に比べたら物価は確実に上がっている。

だけど給料は変わらない。

という事は、全体が値上がっている中での値下げというのは、

何を基準に言うんだろうかと思いますね。
ウインナーなんて袋の中身ほとんど空気(窒素?)

page top