「今場所の遠藤は違う」

コメポ

「今場所の遠藤は違う」「初優勝ある」難敵朝乃山を破った遠藤に視聴者は初優勝を期待



<大相撲初場所>◇五日目◇16日◇東京・両国国技館



 前頭筆頭・遠藤(追手風)が関脇・朝乃山(高砂)を寄り倒しで破り、1敗(4勝)を死守した。



 ともに1敗と、優勝のためにはこれ以上は負けられない両者。今場所2横綱1大関を破っている遠藤が、その勢いのままに立ち合いから終始有利な展開で攻め、最後は胸を合わせて寄り倒した。



 AbemaTVで解説を務めた元大関・霧島の陸奥親方は「重心が低いですね。先場所・今場所は、(これから)稽古量増やしていけば上が見えてくるような相撲です」と遠藤の今後を期待するコメントを残した。

----

 コメント欄には視聴者の「遠藤 初優勝かなぁ」「遠藤初優勝あるよ」「やっぱり今場所の遠藤は違う」と遠藤の初優勝を期待する声が多く寄せられた。

(AbemaTV/大相撲チャンネルより)

 

AbemaTIMES

遠藤も炎鵬も石川県出身か…ともに頑張ってますね。
炎鵬に、負けちゃったよ。連敗しないでね。
一場所二場所で終わらないことが大切です。
まだまだ、これからだよ

遠藤がCMで食べている煮込みラーメンが旨そうだ
優勝なんかする気は無いように思える。とりあえず二桁行けば三役だし結婚のご祝儀が想像以上に懐に入り将来的に親方株を買う資金の足しに成る。
でも、結局は自滅するのが、遠藤。
永谷園も期待かも!?
鳴り物入りで初入幕した頃は、どこかチヤホヤされていい気になっていたところもあった。そのツケが祟ってダラダラと長いこと幕内を上へ下へとうろつき回っていた。しかし、今場所は明らかに違う。横綱を立て続けに撃破したことが、相当自信になっているようだ。ただ、まだ場所も半ば。容易く優勝などと口にするものではない。何が起こるかわからないのが、この世界の怖さだ。
楽しみが遠藤の初優勝への期待になった。重心が低いという解説に納得しました。

page top