槇原敬之“二度目の覚せい剤逮捕で「また名曲生まれそう」

コメポ

槇原敬之“二度目の覚せい剤逮捕

(C)まいじつ

歌手の槇原敬之が、覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された。1999年8月に同じく覚醒剤取締法違反で逮捕され、懲役1年6月(執行猶予3年)の判決を受けているが、これで二度目の逮捕となった。

【関連】槇原敬之の“キョーレツな歯並び”に心配の声「ボロボロやん」「まさか…」 ほか

槇原といえば、数多くの名曲を生み出している天才ミュージシャン。その中でも特に知名度の高いものが、『SMAP』に提供した『世界に一つだけの花』だ。

しかし『世界に一つだけの花』は、『SMAP』の解散によって地上波テレビで流しづらい曲となってしまった。今回の逮捕は、それにさらに追い打ちをかけることになり、ネット上では、

《槇原のせいで世界に一つだけの花はもう二度と世に流れない》



《SMAPも解散したし世界に一つだけの花は完全にお蔵入りかな》

----

《世界に一つだけの花の規制待ったなし!》



《はぁ~これで世界に一つだけの花が再び世に出ることはないかもしれませんな……》



《世界に一つだけの花はお蔵入りか? 教科書からも消えるのか?》

などといった声が上がっている。

「『世界に一つだけの花』は、槇原の一度目の逮捕時の留置場生活体験がきっかけで出来上がった曲だと明かされています。逮捕の失敗で自分を見つめ直し、曲作りの姿勢が変化した結果、この名曲が生まれたというのです」(芸能記者)



自分を追い込むために…?

そんな〝伝説〟のためか、

《まっきーwwwwwまた捕まっとるやんwww 前捕まったとき世界に一つだけの花作詞してたよな。。また名曲生まれそうやな》



《またかよマッキー、、、いや、世界に一つだけの花を超える曲を作るために自ら、、、、!?》

なんて声も上がる始末…。

----

こうなったら槇原復帰のあかつきに、ついでにSMAP再結成にも期待しよう!





まいじつ

これは、完全にアウトだろう。セカンドチャンスは既に与えられていた。三回目は無い。
しっかり更正して、また復帰して楽曲を世に送り出してほしい
因みにアルコール依存症専門病院の医師によると、覚醒剤とアルコールの依存性習慣性は同レベルなんだとか。んで、その病院の入院3ヶ月プログラムで断酒出来るのは3割程度、とな。んでも、やらないよりマシな訳で、薬物は違法だから法的な処罰はもちろん必要だけど、積極的な治療プログラムを充実させてった方がいいんてないかね?再犯される度に税金無駄に使われるんだから。
あんた達に他人を批判できる人間性を持っているのか、自分の胸に聞いてみなよ

罵倒し、隔離し、社会的に排除する事しか考えてないじゃない
そもそも、こんな程度の反応しかできない者が、他人をどうこう言える人間性があるとは思えないけど

リアルで他人を批判する事ができず、一般論を振りかざしてネットで批判できるイベントに群がっている気持ち悪い人

コンプレックスの塊
ストレス発散で他人を罵倒する

そんな醜い自分を罵倒してれば?
批判されて当然だよ
日本人思えない人達多いなここのコメは
時々、歌番組に出演しているのを見かけたけども、かなり違和感あるというか挙動不審な部分があったじゃないの。絶対また、クスリに手を出してるなぁと、だから全然、驚かなかった。ただ、やっていなけりゃいいな…って僅かに希望を抱いていたんだけどなぁ。どうして才能あるのに、破滅へと向かおうとするのか?勿体無い。
逮捕された後に名曲を世に出してもきっかけが薬物による逮捕されたことでだからどれだけ才能があって名曲を作ることができる人でも無理があると思います。

せめて1度の過ちはあったけどその後は更生し2度目はなかったというならまだしも再犯だから世間から2度あることは3度あるといわれて当然、脳が忘れることができないから意志もそれに負けて手を出すという繰り返しになる。

清水健太郎さんや田代さんのように何度でも繰り返す人もいるけど、本気でやめるつもりがあるなら施設に入って薬を絶つことからだと思います。
薬物中毒でもあり歌に関しては天才。100%の人間って居ないってこと。また復帰したら名曲を作るんじゃないの。
もう薬をしないなんて言わないよ絶対~
名曲?なら捕まってもいいのか?

page top