やっぱ規格外!!ANAウミガメ超巨大機A380、ついにハワイにカムバック!

コメポ


        やっぱ規格外!! ANA

空港でもガン目立ち!やっぱ「ホヌ」はハワイが似合う!



11か月ぶりのホノルル飛来



 ハワイ・ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に現地時間2022年7月1日午前8時半過ぎ、とてつもなく大きな”ウミガメ”デザインの旅客機が降り立ちました。2022年3月から定期便の継続的な運用から外れていたANA(全日空)の総2階建て機、エアバスA380「フライングホヌ(FLYING HONU。“空飛ぶウミガメ”を意味する)」です。



「フライングホヌ」は、2019年に成田~ホノルル線の専用機として導入。現在は3機体制で、それぞれ異なったデザインとトレードカラーをもつ「ウミガメ(ホヌ)」の特別塗装が施されています。座席はファースト、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの4クラスで計520席を配します。 ただこれらの機体は、新型コロナウイルス感染拡大による需要減退の影響によって、2020年3月に定期便運用から外れ、その間は成田空港で羽を休めながらも、不定期で地上イベントや遊覧チャーターなどに活用されてきました。このたび、コロナ禍による渡航制限が緩和されたことなどから、大きく機運が高まるハワイ旅行の需要取り込みを狙うべく、定期便へ再投入されることなりました。 ホノルルへの「フライングホヌ」の飛来は、2021年のお盆期間に2往復だけ実施された、特別復便以来およそ11か月ぶりのこと。これからこの機は金、土曜の週2往復で定常的に投入されることになり、コロナ禍以前ほどではないにしろ、この”巨大ウミガメ”旅客機の姿をホノルルで見ることができそうです。



現地の反応は?



 1日のANAのA380「フライングホヌ」復帰初便は、「ANAブルー」のデザインをまとう初号機(JA381A)が担当。初便は幼児含め414人が搭乗し、好調な滑り出しとなりました。7月からは、この初号機に加え、「ハワイの海」をイメージしたエメラルドグリーンのカラーリングと、微笑むような「ウミガメ」のデザインが特徴の2号機(JA382A)の2機体制で運航される予定です。



「スタッフなどもコロナ禍で入れ替わりもあり、ラウンジ施設もお客様にご利用いただくことがなかったので、ある意味で”新たに作るより難しい”ところもありました。ようやく今日に辿り着きました。ハワイの関係者にも『ホヌがいつ戻ってくるのか』といったお話をいただくこともあります」(ANAホノルル支店長 平島氏) なおANAでは、「フライングホヌ」の復活のほか、羽田~ホノルル線も週5往復へ増便。成田~ホノルル線とあわせると、東京~ホノルル線は毎日運航となります。このほか、「フライングホヌ」復活発表のタイミングで、ハワイに関する特設サイトを開設しているほか、7月からはワイキキとアラモアナを結ぶANA 電気バス「ANA エクスプレスバス」の運行を再開。各所で「ハワイ旅行復活」への取り組みを進めています。

乗りものニュース

日本人のハワイ好きが溢れているよね。
火を噴きながら超高速回転で空を飛ぶガメラじゃなくてよかった。物理学的にあの飛び方はかなり無理があるけど。
page top