芸能人がうつ病になった原因

コメポ

真矢ミキ他、芸能人がうつ病になった原因とは?

誰もがなりうる“うつ”。患者は全国で100万人以上になるといわれ深刻な社会問題になっているが、芸能界も例外ではなく、うつに苦しむ者が後を絶たない。そんな中、うつだったことを告白する芸能人が相次いで登場し、世間の注目を集めている。そこで特に注目を集めた3人をピックアップ。うつに至った経緯などを交え、紹介してみよう。



 宝塚歌劇団を退団後に、うつに襲われたと先日『女性セブン』(小学館)で告白したのが、女優の真矢ミキ(52)だ。花組のトップスターだっただけに、退団後の喪失感は大きかったようで、心のバランスを崩し過食症になってしまったという。生きる目的をなくした彼女が、そのことを友人に相談したところ、返ってきたのは「とりあえず、私はあなたが必要だから生きててよ」という軽い調子の言葉だったそうだ。だが、その重々しくない返事が、逆にポジティブに生きるきっかけになったといい、今でもその当時のやり取りを昨日のことのように思い出すと同誌に明かしていた。

----

 うつといえば、俳優のユースケ・サンタマリア(45)も忘れてはならない。2014年に出版された『サブカル・スーパースター鬱伝』(吉田豪著・徳間書店)では、32歳の頃にすさまじい気だるさと吐き気に襲われ、食事がのどを通らず激ヤセしたとユースケ本人が告白している。その状態は8年間にわたって続いたそうだが、その原因は映画やドラマでの急激なブレイクで納得できない仕事も受けざるをえず、強いストレスにさらされたことだったという。



 2013年に『仕事休んでうつ地獄に行ってきた』(主婦と生活社)を執筆したのが、フリーの丸岡いずみアナウンサー(45)。著書によると、2011年に発生した東日本大震災の現地取材で損傷が激しい数々の遺体を目のあたりにするなど、被災地の悲惨な状況をレポートしていくうちに心のバランスがとれなくなったのだという。食欲不振や不眠の状態が続き、報道番組『news every.』(日本テレビ系)のキャスターも降板することになったが、入院治療や家族の支えもあり、今では元気な姿を取り戻している。



 増え続ける芸能人のカミングアウト。賛否両論があるかもしれないが、全国の患者たちを元気づけているのは間違いないだろう。

日刊大衆

メンタルクリニックへ通院されてる方は、本当にいい人で、真面目な方が多いそうです。
50にもなって彼女なし未婚です。死にたい夜を何度もありました。しかし、私にはロックミュージックが有りました。だから自殺をしないで今も生きています。
ほんとのうつ病の方はいいとして、ちょっと辛くて落ち込んだくらいでうつ病だと自己診断してまわりに「私うつ病でさー」なんて言ってる人も一定数いるんだよね。そういう人がなおさらうつへの理解を歪めさせてると思うよ。
私が知ってる限りだとほんとのうつ病の人ほど言いふらさない。というか関わりたがらないな。

うつ病の人お大事に。ご家族の方も頑張りすぎないでね。
うつ病になった友人がいます 責任感が強くリーダー的存在の人です その変わりように驚きました

うつ病は軽んじられる病ではありません 悪くすると死に通じています だからこそ周りの人の理解が重要です

しかし反面、新型うつ病などと言ったうつ病とは言えないものまでうつ病の一種とされるようになっています

平日は身体が重く、朝起きられないが、休日には旅行やコンサート、趣味に興じることができる こんな人をうつ病と見るのは間違いで、ただの怠慢病です

本当にうつ病で苦しんでいる人に対して失礼にも程があると思います
鬱病私も他人事とは思えない…。
自分は悪くない思考のサイコパスと鬱病は違うで
日本は安全で平和な国だと思われるけど、自殺者が多いのわかる気がする。実際は、おもてなしの裏側はドス黒いみたい。
うつ病のひとが、うつ病の辛さについて、飲んでいる薬について何度も説明してくる。
聞いている方も滅入ってくるが、こういう他人への関わりかた自体がすでに病なのだろうと思う。

辛さがわからないから見守るしかない。有名人がうつ病について告白することは、誰かしらの励ましになると思う。
有名になれば高収入を得られるが、好きな場所へ気軽に行くことも難しくなる。
注目されれば、粗探しで稼ぐ週刊誌記者につきまとわれ、時には写真一枚、記事ひとつで芸能界から追放されることもある。
私生活で様々な制約を受け、時にネットでは他人から有らぬ誹謗中傷を受ける。
精神を平静に保つこともたいへんだろうと想像する。
贅沢はたまにしかできなくても、他人の目を過度に気にすることなく生活できることがいちばん幸せだと私は自分を慰め生活している。
ウツ!オラ孫悟空!
芸能人の鬱って
売れなくなり仕事が減りかまってちゃんが出たからでは?
自意識過剰な人が多いだろうから‥

友達に鬱の人が居るけど そんな生易しいものじゃないよ

眠れない。
食べられない。
死にたい。
本当に辛いよ。
今、健康で元気でも明日どうかはわからないのに、健常者が一番偉いかのように言うのはどうかと。
想像して思いやるぐらいは出来るはず。
私鬱病ですって自分で言ってる人のほとんどは絶対鬱病じゃない!鬱病ってお風呂も何年も入らないし、食事もしたくないので極限までガリガリだし、ましてや異性と付き合いたいあの人格好いいとかの気持ちも全く遮断され兎に角死にたい死にたいのみなんですよ!かまってちゃん鬱病風、やりたい事しかしたくない勝手鬱、アタクシなんて超可哀想なんでしょう鬱ばっかりなんですよ。私の親戚もそうですが本当の真の鬱は自殺しますから。
芸能人はうつ病にならない様な書き方はおかしいと思った。芸能人でも芸能人じゃなくてもうつ病になると思うから。
鬱病とか診断された過去があるけど、なまけ病気&構ってちゃん病だと自分で思ったよ。人にどうにかしてほしい。治して。何で自分ばっか?とか、とにかく自分自分で暇になる時間があるから甘えるだけ。周囲に誰も居なくなったら生きていかなきゃってスイッチが入り仕事しまくり人じゃなく金を愛するようになったら鬱病などならなくなった。経験からいうとただの甘え。
最後の丸岡さんのケースは、急性ストレス障害とかPTSDも含んでいるような感じもします。いずれにしても、人の心は複雑で、時に一筋縄ではいかないところがあると思います。ましてやこの現代のストレス社会においては、誰もが、時折訪れる憂鬱な気持ちと上手に折り合いを付けることが、大なり小なり課題になってくるかと思います。たかが気持ち、感情、精神的なものではないです、心の在り方を適切にしなければ、脳機能にも影響を及ぼす、それが、鬱だと思います。

鬱の人を支えていらっしゃる方々を心から尊敬します(>_<。)

そんな方たちに平穏という名の幸せが訪れるよう心から願っています☆.。.:*・゜

母が乳癌の手術をしてから酷い鬱を20年ほど患い看て認知症で亡くなり、最近は躁鬱病の友達に頼りにされ 辛いのよくわかります でも私が泣くまで罵声浴びせられると本当に辛い 辛いから言葉に出すのだろうけど逃げ出したくなる 黙って聞いてるしかないんですが
鬱病には種類があって、死にたくなったり人を攻撃するようなことを言ったり一見病気には見えない人もいる。
病気のせいと分かってても、支える周りの人間が参ってしまい鬱がうつる場合もある。鬱病がどういうものか知ろうともしないパートナーや家族もいる。
理解してとは言わないが、少しでも知ってほしいとは思う。本当に難しいね。
もちろん遺伝的な気質、思春期までの成育環境は大きく影響するけど、人それぞれ持ち得たキャパを心労が超えたら誰でも発症しますよ。 必ず、何らかの軽いSOS症状から始まるから、それらを見逃さず原因究明と改善方法を考えることです。 一つとしては、深呼吸で楽になるならまず精神・自律神経系でしょうね。
自律神経やホルモンについて知り、現れている不調を理解出来るとある程度コントロール出来るようになりますよ。

後、心療内科・精神科はピンキリなので初回肝心です! しっかり口コミ等調べて受診する事です。

page top